融資契約の前に絶対して欲しい『業者の電話番号チェック』

連絡先に携帯電話を利用することから、携帯番号の”090”にちなんで、「090金融」と呼ばれている悪徳ヤミ金があります。
ヤミ金の中でも利用者が多く被害者も多いのですが、理由としては店頭にいくことなく携帯電話一本でカンタンに融資契約をすることが出来ることではないでしょうか?

しかしそれ『ヤミ金と気付いていますか?』

多重債務者リストは、闇金業者間でやりとりされ、情報は多くの業者に流れます。
連絡先である業者の携帯電話番号は、架空名義であることが多く、個人や所在を特定することが出来ません。
よって090金融の被害にあっても、ほとんど摘発されず、検挙率はほぼ0%なのだそうです。
冷静に考えても、悪質極まりないと思いませんか?

主なターゲットは多重債務者。
審査がカンタンで借りやすく、お金に困っている人の多くが、甘い謳い文句に誘われて手を出しやすいからです。
さらには、銀行や消費者金融が法律の問題などで競うように低金利化しています。 また、審査が厳しくなり、なかなかお金を借りれなくなった人がどんどん増えてきているため、090金融の利用者も増加傾向にあるようです。それを確定付けるかのように被害相談も増えています。

「090」「080」「070」のような携帯番号のみで固定番号を持たない貸金業者は全て無登録です。
つまりは違法性も高いということです。

「融資審査に落ちた人必見!」
「誰にもバレずに融資可!」
「今日の支払い助けます!」
「来店不要、カンタン審査」
「即日融資OK!」
「今すぐ【090-XXX-XXXX】へお電話下さい!」
このようなキャッチフレーズのチラシや看板にはご注意下さい。



誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276

破産者やブラック者に持ちかけられる「信用回復融資案」

「今の段階では金融信用がないため高額融資ができませんので、信用を作るために10万円をまず振込んでください。そして振込みの確認が出来たら”信用できる”と判断されますので、後ほど振り込まれた10万と合わせてご希望の融資額をすぐに振り込みますよ」

などと言い、お金を振り込ませようとする融資勧誘にご注意下さい。
信用金と称して振り込ませた10万円を受け取り、後は完全に無視する方法で、お金を騙し取ってしまう悪質ヤミ金業者の手口です。
もちろん約束の融資なんてされないことが多いようです。

他にも、「信用を作る必要があるので、先に1万円振込むので2万円返済してください」といった言葉巧みなケースも確認されています。
前者と違うのは業者側から先に振り込んでくる点。
この条件をクリアすれば信用されて融資してもらえるという期待感がそこに生まれるため、被害に合う人が少なくありません。

「怪しいかも?」と感じたら、即決断しないことです。



誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276

勝手に口座にお金を振り込まれ督促を受けるヤミ金被害

闇ルートで予め口座番号と連絡先をセットで入手し、勝手に銀行口座にお金を振り込んできます。
数日後、「依頼のあった融資額をすでに振り込んだ。今日が返済日なので利息を添えて返済して欲しい」と電話を掛けて請求をします。

もちろん被害者は身に覚えのない話ですから断りますが、断ると激しい怒号で返済するように脅してくる、非常に性質の悪いヤミ金です。
当然、契約を交わしたわけではないので、利息の支払義務はなく、この振込み金も『不法原因給付』といって、返す必要のないお金です。ヤミ金側が勝手に振り込んだとはいえ、業者側からの逆恨みを恐れなければ黙っていただいてしまうことも可能なお金です。

ですがヤミ金のバックには暴力団がいますので、その取立て方法も尋常ではない場合があります。
執拗な嫌がらせや夜中まで激しい脅しをするなど、迷惑をかけたりすることも少なくないようです。
親戚・会社までもが標的となることもあり、精神的に追い詰める様々な手口でお金を取立てようとします。




誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276

闇金と手を組む悪徳弁護士にご注意

貸金業者として登録していても、顧客が集まらず経営が不振になれば廃業もあります。
さらに闇金ともなれば、無許可営業ですから逮捕されることもあるわけです。
「もう返済しなくてもいいや」
と、個人判断で法的手続きもせず、勝手に放置してしまう人も少なくありませんが、こういった放置行為からトラブルに発展するケースがあります。

知人は1ヶ月1割の利息で廃業済みの方から個人間融資を受けたところ、貸主が逮捕されたため返済を放置していましたが、その業者の代理人弁護士から弁済を請求されたのです。知人は月1割ということは違法利息だと主張し、支払いを拒否しているのですが、貸金業法違反でも個人間の契約には関係ないと主張してくるのです。

この場合、月1割=年利率109.5%を超えるので、契約は無効との判断が正しく、返済する義務は発生しません。
いくら代理者が弁護士であっても、主張が必ずしも正しいとは限りませんし、報酬の金額に目がくらんでヤミ金の悪徳商売に加担する弁護士も実際に存在します。悲しい限りです。

違法な取立てが止まないようであれば、早めに信頼のおける弁護士や司法書士、警察などへ相談して下さい。


誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276

闇金業者と弁護士の癒着 計画的に自己破産させる手口が横行

多重債務者や、収入困難な状況下に陥ってしまった債権者をターゲットにした、ヤミ金の悪質な手口を紹介します。

返済に困る債務者にヤミ金業者がピックアップした『審査の甘い貸金業者』を紹介し、お金を限界まで借りて回らせ、複数の金融会社から融資としてで受け取った金額を、ヤミ金業者が「返済金の一部」と称して回収し、債務者には自己破産での清算を勧める手口です。

さらに、「最初から自己破産するつもりで、複数の金融会社を計画的に借りて回ったのだから、普通の弁護士では自己破産手続きが失敗するかもしれない」などと言葉巧みに、自社が紹介する悪質弁護士へ誘導してきます。

この弁護士はヤミ金業者と癒着のある悪質な弁護士であり、ヤミ金業者は高額な紹介手数料を請求します。
また、弁護士も自己破産手続き手数料として、高額な金額を請求するのです。

自己破産を選択するとマイホームやマイカーなども手放すことになります。
その結果、債務者の手元には小額のお金と、ブラックリストに登録された金融信用情報だけが残り、時効までローンを組んだり、お金を借りることはできなくなるため、再出発するためにヤミ金の力を借りる・・・という悪循環にはまってしまう人も少なくありません。

債務額が多くなり、支払いが困難になった場合は、選択肢の一つとして『自己破産』を選ぶこともあります。
しかし、家財道具などを手放さなくてもよい『個人再生』などの別の方法もありますので、ヤミ金業者にいわれるままに動くのではなく、自分で調べてみることも大切です。


誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。