契約時に『融資審査』が無かったり甘い業者はヤミ金


融資審査が厳しいということは、言い換えれば『信頼のおける消費者金融』であると言えるでしょう。

『この顧客は返済能力に余裕があるのか?』
『返済が負担となり生活を追い立てられるようなことにならないか?』

様々な条件を踏まえ客観的に調べて、融資の合否を出すわけです。
融資を断ることで、顧客は資金調達手段を失い一時的にマイナスとなってしまうでしょう。
しかし、長い返済年月を考慮した場合、どちらが顧客に対して善作であるのか、冷静に判断された結果が言い渡されるのです。

もしも融資審査に落ちたのであれば、本当に借金が必要であるか、借金しなくては乗り越えられないのか再確認するチャンスだと前向きに考えてみてはいかがでしょうか?
なお、融資審査は約1ヶ月のインターバルをあけた方が無難です。
『短期間に融資審査に複数回落ちている』という情報は、信用情報のマイナスと見なされ、ブラックリスト登録されてしまいます。
これを回避するためには、ある程度の間隔が必要なのです。

さて、世の中には無審査で融資をしてくれる貸金業者があります。
前述の融資審査に厳しい貸金業者が信用できる業者であるとすれば、無審査でお金を貸してくれるところを怪しいと思わなければなりません。
ほぼ99%の確率で『ヤミ金融業者である』と疑われるからです。
小額の借金で済むことなら、身内や仲の良い友人に頭を下げて借りるほうがマシです。

ヤミ金から一時的な金銭は手に入っても、そのあとに待ち受ける高額返済で、さらなる破滅を招くのはそう遠くありません。



誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。