「融資審査」で借り過ぎを予防しよう

銀行や大手クレジット会社、消費者金融など、融資を受けたりローンを組む際には、必ず『融資審査』があります。
審査基準はその会社によって様々ですが、TVCMでみかけるような大手消費者金融などでは、銀行の傘下に入っている貸金業者もあります。

法律に沿って正規営業を行っている業者では、融資を申し込んできた当事者本人に、安定した収入がない場合は許可が下りません。
利息の回収が利益になる貸金業では、きちんと返済が可能な経済状況であるのかを見極めなければ貸せないのです。
また、過去に融資に関するトラブルがあった場合も、借金返済の信用性に欠けるとみなされ、審査から落ちてしまう傾向にあります。
このことから、新規融資の申し込みでは、少なくとも「安定した収入」と「過去に融資のトラブルがないこと」が必須条件だと分かります。

他にも、破産履歴や返済トラブルがあれば、融資をする側も慎重にならざるを得ませんから、審査に通らない可能性も少なくでしょう。
ちなみに融資を行う場合、貸金業法に基づき、総量規制に伴う融資は年収の3分の1以内と定められています。

融資審査は「貸しすぎ&借りすぎ」を防ぐために、大切なステップなのです。


誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。