闇金融対策法による闇金対策(その1)

違法な貸金営業に加え、債務者を脅すような取立て行為など、ヤミ金関連の被害が深刻化している昨今、ついにヤミ金業者との金銭トラブル問題を取り締まるべく、第156回国会で『ヤミ金融対策法』が成立しました。
法制化されたことで官民一体となって、悪質な業者が一掃されることを期待する声が上がっています。


◆貸金業登録制度の強化
貸金業登録申請者の本人確認が義務化され、暴力団等組織的な貸付の排除や、営業所への主任者設置義務付け等が強化されます。


◆大幅な罰則の引き上げ
 高金利貸付や登録営業を取り締まるため、罰則が大幅引上げになりました。また、出資法の上限金利を越える高金利違反は、 5年以下の懲役または、1千万円(法人の場合3千万円)以下の罰金となり、無登録営業の場合は、5年以下の懲役、1千万円(法人の場合1億円)以下の罰金となります。


誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。