こんな人はヤミ金のターゲットになりやすい?!

確かに不特定多数へ手当たり次第に継続的に、融資の勧誘営業を行っている業者もありますが、契約を取り易い人をピンポイントに狙って営業をかけてくる、効率重視なヤミ金業者も多いです。
ヤミ金業者間で流通する顧客リストは「自己破産者リスト」「多重債務者リスト」「生活保護受給者リスト」「無職・失業中での融資相談者リスト」「ブラックリスト掲載者リスト」など、様々な個人情報が売り買いされていると予想されています。

これらのリストを利用して、ヤミ金業者は長年資金繰りに困っていると思われる人へ、ピンポイントに融資勧誘を行っているのです。
ハガキ等によるダイレクトメールやFAX、メール、時には直接訪問して融資を勧めます。
大手消費者金融の名前に偽装して顧客を安心させ、融資契約を騙し取る悪質なヤミ金もいるくらいです。

「もしかして、貸金業者間で流通しているリストに、自分も載っているかもしれない」と心当たりのある方は、お金に困っていても突然届く融資の勧誘をうけないようにしましょう。
ヤミ金である確率も非常に高く、絶対に関わってはいけません!




誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。