ヤミ金とサラ金の違い

昔は消費者金融(サラ金や街金を含む)というと暗くて怖いイメージでした。
実際にTVや映画でみるような、自宅の玄関先での激しい取立てや嫌がらせの電話による被害が多かったのです。
しかし、それだけ生活資金や経営資金難を理由に、お金がなくてサラ金やヤミ金に手をだす人も、本当に多かったのです。

「高い金利でお金を貸す」ということから考えると、サラ金もヤミ金も同じだと思いませんか?
よくよく調べてみると、実は大きく違うようです。

■これがヤミ金業者
・貸金業法の規定に従って正規登録をしていない
・法廷金利を守っていない
・無職の人や銀行の審査に落ちた人、ブラックリストに乗っている人にも貸す
・審査をしない、手続き不要で融資する

■これが街金(サラ金)業者
・貸金業法の規定に従って正規登録をしている
・法廷金利を守っている
・無職の人や銀行の審査に落ちた人、ブラックリストに乗っている人には貸さない
・融資審査を行い、きちんと窓口で手続きをして融資をする


消費者金融と闇金はまったくの別モノなのです。
違法である貸金業者からお金を借りてはいけません。


誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。