【ヤミ金相談】自己破産歴がありネット融資に手をだした結果

Q.兄の会社が経営不振となり残念ながら倒産しました。
私はこの会社の設立時に保証人を頼まれていたため、連帯責任として多額の借金を請求され、3年前に自己破産をした過去を持っています。

先月、冠婚葬祭などが立て続けにあり、資金難となってしまったので、自己破産をしていても融資が受けられるところがないか、インターネットを使って検索し、借入を依頼しました。

電話口だけでカンタンに契約ができ、即日受取が可能といわれたので銀行に出向きましたら、借り入れ金額は10万なのに1万しか振り込まれていませんでした。
すぐに業者に電話をして詳細を確認すると、「自己破産の情報が、ブラックリストに登録されていて信用に欠けるので、1万を振り込みました。まずは3万の返済をして貰えれば信用に値するとみなし、追加で入金をします」と文字色言われたので、3万を振込みました。
しかし口座に追加で振込まれる気配がありません。
仕方なく翌日業者に電話したら、「口座に入金が確認できてません。間違いなく振込まれましたか?こちらで確認できない以上、追加振込みはできません」と一方的に電話を切られました。

結局、10万の融資契約をしたのにもかかわらず、1万しか受け取っていませんし、すでに3万振込みました。
10万に金利を上乗せした返済金を払えと、督促電話が継続的にかかってきます。
騙されたとしか思えないし正直、どうしたらいいのか分かりません。
振込んだ3万をなかったものにされていますが、私は全額支払う必要があるのでしょうか?

A.典型的なヤミ金の手口だと思われます。ヤミ金業者からの違法金利での借入は、返済する義務はありません。
支払いを拒んだり無視すれば嫌がらせを受ける可能性がありますが、無視するのが得策だと思います。
ヤミ金とスッキリ手を切りたい場合は、借金問題解決に豊富な経験・実績をもつ事務所へ急いで相談して下さい!
闇金対策は早め専門家へ!



誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。