年金手帳や通帳をヤミ金業者に渡すべからず

年金証書をはじめ、年金が振り込まれる銀行の貯金通帳や銀行印、さらにはキャッシュカードまでもを業者が預かり、国から振り込まれる年金を「担保」という名目で強制的に押収してしまう『年金担保金融』とはヤミ金の手口であると共に詐欺の一種です。悪質なヤミ金業者にひっかかると、元金返済は一切受け付けず、一生通帳を取り上げたままにして利息分と称して年金を強制回収し続ける業者まで存在しています。

定年を迎えた高齢者は、それまで得ていた安定した月給がなくなり急に日々の生活に不安を覚えるもの。年金はそんな高齢者世帯の生活を支える一縷の光ともいえます。手元にあるお金は少しでも多いほうが安心につながるため、各種新聞などで『シルバーライフの応援』などという広告に引き寄せられてしまうのも仕方ありません。

年金などの給付金を担保にお金を借りる方法は銀行を除いて、国民年金法などによって禁止されていますので、怪しい業者の口八丁に乗せられて騙されないようにしてください!
中には国民年金法の盲点をついて福祉医療機構を紹介する名目で、紹介料を年金から請求する業者もいるので、こちらも注意が必要です。

定職を失った高齢者にとって、年金収入は大切な生活源です。
ヤミ金業者は声を荒立てて容赦なく取り立ててきますので、自分だけでは対応しきれないと思われた場合は、急いで専門家へ相談して下さい!




誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。