融資契約の前に絶対して欲しい『業者の電話番号チェック』

連絡先に携帯電話を利用することから、携帯番号の”090”にちなんで、「090金融」と呼ばれている悪徳ヤミ金があります。
ヤミ金の中でも利用者が多く被害者も多いのですが、理由としては店頭にいくことなく携帯電話一本でカンタンに融資契約をすることが出来ることではないでしょうか?

しかしそれ『ヤミ金と気付いていますか?』

多重債務者リストは、闇金業者間でやりとりされ、情報は多くの業者に流れます。
連絡先である業者の携帯電話番号は、架空名義であることが多く、個人や所在を特定することが出来ません。
よって090金融の被害にあっても、ほとんど摘発されず、検挙率はほぼ0%なのだそうです。
冷静に考えても、悪質極まりないと思いませんか?

主なターゲットは多重債務者。
審査がカンタンで借りやすく、お金に困っている人の多くが、甘い謳い文句に誘われて手を出しやすいからです。
さらには、銀行や消費者金融が法律の問題などで競うように低金利化しています。 また、審査が厳しくなり、なかなかお金を借りれなくなった人がどんどん増えてきているため、090金融の利用者も増加傾向にあるようです。それを確定付けるかのように被害相談も増えています。

「090」「080」「070」のような携帯番号のみで固定番号を持たない貸金業者は全て無登録です。
つまりは違法性も高いということです。

「融資審査に落ちた人必見!」
「誰にもバレずに融資可!」
「今日の支払い助けます!」
「来店不要、カンタン審査」
「即日融資OK!」
「今すぐ【090-XXX-XXXX】へお電話下さい!」
このようなキャッチフレーズのチラシや看板にはご注意下さい。



誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。