勝手に口座にお金を振り込まれ督促を受けるヤミ金被害

闇ルートで予め口座番号と連絡先をセットで入手し、勝手に銀行口座にお金を振り込んできます。
数日後、「依頼のあった融資額をすでに振り込んだ。今日が返済日なので利息を添えて返済して欲しい」と電話を掛けて請求をします。

もちろん被害者は身に覚えのない話ですから断りますが、断ると激しい怒号で返済するように脅してくる、非常に性質の悪いヤミ金です。
当然、契約を交わしたわけではないので、利息の支払義務はなく、この振込み金も『不法原因給付』といって、返す必要のないお金です。ヤミ金側が勝手に振り込んだとはいえ、業者側からの逆恨みを恐れなければ黙っていただいてしまうことも可能なお金です。

ですがヤミ金のバックには暴力団がいますので、その取立て方法も尋常ではない場合があります。
執拗な嫌がらせや夜中まで激しい脅しをするなど、迷惑をかけたりすることも少なくないようです。
親戚・会社までもが標的となることもあり、精神的に追い詰める様々な手口でお金を取立てようとします。




誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
スポンサーサイト

ヤミ金業者は完済も手を切るのも決して容易ではない

先日友人に「ヤミ金ってどいうもの?」と聞かれました。

闇金(ヤミ金)という言葉は誰しもが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
映画やドラマ、最近では漫画のタイトルにもなりましたね。

ヤミ金とは一言で言ってしまえば『法律を守らない貸金業を営んでいる違法業者のこと』といえるでしょう。

そもそも、お金を貸す商売を行う場合には守らなければならない法律があります。
『貸金業法』『利息制限法』『出資法』などがそれにあたり、これらの法律によって我々消費者は貸金業者が違法な金利や過剰な取り立てをしないよう守られているわけです。
ヤミ金業者の多くは、出資法の上限金利を超えて貸付をしたり、財務局長や都道府県知事の登録を受けずに無登録で営業しているのが特徴です。
中には登録を受けていても違法営業を行っている業者もありますので、消費者金融で融資を受けようと考えているなら、焦らずインターネットなどで情報をしっかり収集して、ヤミ金でないことを重々確認する必要があります。

違法業者からの融資は、どんな理由であっても受けてはいけません!
ヤミ金業者への完済も手を切るのも決して容易ではないからです。
すでに借りてしまっている場合は、後腐れのない完全解決に向けて今すぐ動くべきです!



誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。