闇金業者に返済せず逃げたらどうなるのか?

闇金業者は融資する際、債務者の個人情報や同居する家族の情報だけではなく、別居する家族や親族の情報も聞きだします。
返済が滞った時の保険として幅広い個人情報を握り、万が一に備えるわけです。

債務者からの返済が滞れば、契約時に収集した家系情報を元に、本人のみならず家族の勤務先などへも電話でしつこく請求し、済を迫ります。返済未納状態が続くと、取立てもエスカレートするため、命の危険を感じた滞納者は、家族を連れて夜逃げをケースも未だにあります。

融資を受けた本人が一人で逃げた場合は、ヤミ金業者も情報網を駆使し、本人を地の果てまでも追いかけると同時に、残さた家族や身内、両親へ取り立て目標を変更します。返済されればお金の出所はどこであっても構わないのですから、矛先が逃げた本人よりも手の届く範囲にいる家族へ向くのは至極当然といえます。

借金は踏み倒して逃げても解決するどころか、火に油をそそいでしまいます。
家族の人生もろとも犠牲にするような方法はとるべきではありません。

ヤミ金の借金は、法的に解決できる問題です。
家族と人生を守るために、勇気を出して専門家に相談して下さい。



誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。