「融資審査」で借り過ぎを予防しよう

銀行や大手クレジット会社、消費者金融など、融資を受けたりローンを組む際には、必ず『融資審査』があります。
審査基準はその会社によって様々ですが、TVCMでみかけるような大手消費者金融などでは、銀行の傘下に入っている貸金業者もあります。

法律に沿って正規営業を行っている業者では、融資を申し込んできた当事者本人に、安定した収入がない場合は許可が下りません。
利息の回収が利益になる貸金業では、きちんと返済が可能な経済状況であるのかを見極めなければ貸せないのです。
また、過去に融資に関するトラブルがあった場合も、借金返済の信用性に欠けるとみなされ、審査から落ちてしまう傾向にあります。
このことから、新規融資の申し込みでは、少なくとも「安定した収入」と「過去に融資のトラブルがないこと」が必須条件だと分かります。

他にも、破産履歴や返済トラブルがあれば、融資をする側も慎重にならざるを得ませんから、審査に通らない可能性も少なくでしょう。
ちなみに融資を行う場合、貸金業法に基づき、総量規制に伴う融資は年収の3分の1以内と定められています。

融資審査は「貸しすぎ&借りすぎ」を防ぐために、大切なステップなのです。


誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
スポンサーサイト

銀行口座をヤミ金業者と共有するとどうなる?

あくまでも銀行側は預金口座名義人のみ使用できるという条件の元、通帳を発行します。
そのため、口座名義人が他人へ譲渡したり、通帳を貸して使わせる行為は、銀行側からみれば契約違反で”詐欺”であると認識されても仕方ありません。訴えられる可能性も捨て切れません。
例外として、家族が代理で通帳を使用して入出金することが問題となることは少ないのですが、

「口座名義人の了承があり、家族への委託が問題とならないのなら、同じく口座名義人がOKを出せば、第三者(他人)が通帳を代理で使っても同じことじゃないか?」

という疑問があがります。
しかし、相手がヤミ金業者であった場合は、渡した通帳がどのように扱われるのか想像が付きますよね?誰が考えたって良いことに使われるわけありませんし、社会的問題に発展する可能性も少なくありませんし、銀行としても犯罪に使われたとあってはイメージダウンは免れませんし、絶対に阻止したいでしょう。

ヤミ金業者へ銀行口座の通帳を手渡すことは『犯罪による収益の移転防止に関する法律違反』です。
ヤミ金業者から見返りを提示されても、絶対に自分名義の口座を手渡してはいけません。

誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。