なぜ闇金業者は無くならないのか?

闇金業者は違法なのだから、かたっぱしから検挙、逮捕すればいいのに。

市民の平穏な生活を護るのなら、正直その手だってありますよね。
明らかに違法営業を行っていることがわかっているのに、闇金業者が一向に淘汰されないのはなぜでしょうか?

実は日々報道されないだけで、ヤミ金業者は検挙されています。

今は、資金さえあれば誰でも悪質に儲ける闇金業者になれます。
もともと違法営業なのですから、行政へ届ける必要はないし、許可すらも必要ありません。
勝手に開業し、貸して欲しいといってくる顧客さえいれば、後は自分が取り決めた金利でどんな手を使ってでも回収するだけです。

最近では個人間融資というのが流行っているのをご存知ですか?
資金を持つ個人が、インターネットの掲示板や専用サイトなどを使って、貸金業まがいのことをしているのです。
闇金業者といえば、後ろで暴力団と関わっているのでは?という不安が少なからずありますが、個人に借りるなら友人に借りるも一緒のこと・・・と敷居が低いため利用者は年々増えているようです。
返済方法なども自分で納得した方法を模索することができるし、何より相手も一般人なので妙な安心感があります。

個人を装った闇金業者が参入しないはずはありません。
個人なのか業者なのか、見破る自信はありますか?

誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
スポンサーサイト

闇金業者と弁護士の癒着 計画的に自己破産させる手口が横行

多重債務者や、収入困難な状況下に陥ってしまった債権者をターゲットにした、ヤミ金の悪質な手口を紹介します。

返済に困る債務者にヤミ金業者がピックアップした『審査の甘い貸金業者』を紹介し、お金を限界まで借りて回らせ、複数の金融会社から融資としてで受け取った金額を、ヤミ金業者が「返済金の一部」と称して回収し、債務者には自己破産での清算を勧める手口です。

さらに、「最初から自己破産するつもりで、複数の金融会社を計画的に借りて回ったのだから、普通の弁護士では自己破産手続きが失敗するかもしれない」などと言葉巧みに、自社が紹介する悪質弁護士へ誘導してきます。

この弁護士はヤミ金業者と癒着のある悪質な弁護士であり、ヤミ金業者は高額な紹介手数料を請求します。
また、弁護士も自己破産手続き手数料として、高額な金額を請求するのです。

自己破産を選択するとマイホームやマイカーなども手放すことになります。
その結果、債務者の手元には小額のお金と、ブラックリストに登録された金融信用情報だけが残り、時効までローンを組んだり、お金を借りることはできなくなるため、再出発するためにヤミ金の力を借りる・・・という悪循環にはまってしまう人も少なくありません。

債務額が多くなり、支払いが困難になった場合は、選択肢の一つとして『自己破産』を選ぶこともあります。
しかし、家財道具などを手放さなくてもよい『個人再生』などの別の方法もありますので、ヤミ金業者にいわれるままに動くのではなく、自分で調べてみることも大切です。


誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。