闇金は変化する

一般的に「闇金融業者」と聞くと、体中の血が凍ってしまうような緊張感が走ります。
これは、相手のバックには暴力団やヤクザなどと繋がりがあり、借金延滞の取立て行為が暴力的であるというイメージが映画やTVドラマなどで人々に定着しているためです。

昭和の闇金の取立ては凄まじく、家まで押しかけて来て、ドアを激しくたたきながら大きな声で「金返さんかい!」と怒鳴ったり、破壊行為や塀への落書きといった物損が生じるような暴力的なものや、隣近所に対する嫌がらせで立場を悪化させたり、会社にひっきりなしに電話をかけたり代理返済をするように脅すなど、精神的被害を与えて追い込み、支払いをさせようとする行為は『脅迫・脅し』といったカタチで行われていました。

友人や親戚中に頭をさげてなんとか返済金をかき集めて支払う人もいた反面、身も凍るような取立てに耐え切れず、夜逃げや自殺を選ぶ客が増加したため、取立て行為があだとなって『借金の回収ができない』という問題が業者側に浮上しました。

ヤミ金といえど企業ですから、利息を回収できなくては意味がありません。
そこで、ヤミ金業者は考えました。
とにかく『回収率をあげること』を目標に、今までの脅迫まがいの取立てで相手を縮み上がらせるのではなく、優しくソフトで物腰低く丁寧な対応で、相手を安心させつつある程度の融通も利かせて、利息分だけでもきちんと回収する方法に転換したのです。

これらは『ソフトヤミ金』と呼ばれるようになり、対応窓口には女性を配置することで顧客に威圧感ではなく安心感を与える配慮をしています。また、支払いがどうしても厳しい人には利息分だけ払って次月を待つという「ジャンプ返済」というのを活用するようになっています。

いかに効率よく1円でも多く、1日でも長く回収するか。
日々あの手この手と時代に合わせて変化しつづける闇金に騙されないようにご注意下さい。


誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。