ヤミ金業者は完済も手を切るのも決して容易ではない

先日友人に「ヤミ金ってどいうもの?」と聞かれました。

闇金(ヤミ金)という言葉は誰しもが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
映画やドラマ、最近では漫画のタイトルにもなりましたね。

ヤミ金とは一言で言ってしまえば『法律を守らない貸金業を営んでいる違法業者のこと』といえるでしょう。

そもそも、お金を貸す商売を行う場合には守らなければならない法律があります。
『貸金業法』『利息制限法』『出資法』などがそれにあたり、これらの法律によって我々消費者は貸金業者が違法な金利や過剰な取り立てをしないよう守られているわけです。
ヤミ金業者の多くは、出資法の上限金利を超えて貸付をしたり、財務局長や都道府県知事の登録を受けずに無登録で営業しているのが特徴です。
中には登録を受けていても違法営業を行っている業者もありますので、消費者金融で融資を受けようと考えているなら、焦らずインターネットなどで情報をしっかり収集して、ヤミ金でないことを重々確認する必要があります。

違法業者からの融資は、どんな理由であっても受けてはいけません!
ヤミ金業者への完済も手を切るのも決して容易ではないからです。
すでに借りてしまっている場合は、後腐れのない完全解決に向けて今すぐ動くべきです!



誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
スポンサーサイト

闇金業者に返済せず逃げたらどうなるのか?

闇金業者は融資する際、債務者の個人情報や同居する家族の情報だけではなく、別居する家族や親族の情報も聞きだします。
返済が滞った時の保険として幅広い個人情報を握り、万が一に備えるわけです。

債務者からの返済が滞れば、契約時に収集した家系情報を元に、本人のみならず家族の勤務先などへも電話でしつこく請求し、済を迫ります。返済未納状態が続くと、取立てもエスカレートするため、命の危険を感じた滞納者は、家族を連れて夜逃げをケースも未だにあります。

融資を受けた本人が一人で逃げた場合は、ヤミ金業者も情報網を駆使し、本人を地の果てまでも追いかけると同時に、残さた家族や身内、両親へ取り立て目標を変更します。返済されればお金の出所はどこであっても構わないのですから、矛先が逃げた本人よりも手の届く範囲にいる家族へ向くのは至極当然といえます。

借金は踏み倒して逃げても解決するどころか、火に油をそそいでしまいます。
家族の人生もろとも犠牲にするような方法はとるべきではありません。

ヤミ金の借金は、法的に解決できる問題です。
家族と人生を守るために、勇気を出して専門家に相談して下さい。



誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276

契約時に『融資審査』が無かったり甘い業者はヤミ金


融資審査が厳しいということは、言い換えれば『信頼のおける消費者金融』であると言えるでしょう。

『この顧客は返済能力に余裕があるのか?』
『返済が負担となり生活を追い立てられるようなことにならないか?』

様々な条件を踏まえ客観的に調べて、融資の合否を出すわけです。
融資を断ることで、顧客は資金調達手段を失い一時的にマイナスとなってしまうでしょう。
しかし、長い返済年月を考慮した場合、どちらが顧客に対して善作であるのか、冷静に判断された結果が言い渡されるのです。

もしも融資審査に落ちたのであれば、本当に借金が必要であるか、借金しなくては乗り越えられないのか再確認するチャンスだと前向きに考えてみてはいかがでしょうか?
なお、融資審査は約1ヶ月のインターバルをあけた方が無難です。
『短期間に融資審査に複数回落ちている』という情報は、信用情報のマイナスと見なされ、ブラックリスト登録されてしまいます。
これを回避するためには、ある程度の間隔が必要なのです。

さて、世の中には無審査で融資をしてくれる貸金業者があります。
前述の融資審査に厳しい貸金業者が信用できる業者であるとすれば、無審査でお金を貸してくれるところを怪しいと思わなければなりません。
ほぼ99%の確率で『ヤミ金融業者である』と疑われるからです。
小額の借金で済むことなら、身内や仲の良い友人に頭を下げて借りるほうがマシです。

ヤミ金から一時的な金銭は手に入っても、そのあとに待ち受ける高額返済で、さらなる破滅を招くのはそう遠くありません。



誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276

「融資審査」で借り過ぎを予防しよう

銀行や大手クレジット会社、消費者金融など、融資を受けたりローンを組む際には、必ず『融資審査』があります。
審査基準はその会社によって様々ですが、TVCMでみかけるような大手消費者金融などでは、銀行の傘下に入っている貸金業者もあります。

法律に沿って正規営業を行っている業者では、融資を申し込んできた当事者本人に、安定した収入がない場合は許可が下りません。
利息の回収が利益になる貸金業では、きちんと返済が可能な経済状況であるのかを見極めなければ貸せないのです。
また、過去に融資に関するトラブルがあった場合も、借金返済の信用性に欠けるとみなされ、審査から落ちてしまう傾向にあります。
このことから、新規融資の申し込みでは、少なくとも「安定した収入」と「過去に融資のトラブルがないこと」が必須条件だと分かります。

他にも、破産履歴や返済トラブルがあれば、融資をする側も慎重にならざるを得ませんから、審査に通らない可能性も少なくでしょう。
ちなみに融資を行う場合、貸金業法に基づき、総量規制に伴う融資は年収の3分の1以内と定められています。

融資審査は「貸しすぎ&借りすぎ」を防ぐために、大切なステップなのです。


誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276

銀行口座をヤミ金業者と共有するとどうなる?

あくまでも銀行側は預金口座名義人のみ使用できるという条件の元、通帳を発行します。
そのため、口座名義人が他人へ譲渡したり、通帳を貸して使わせる行為は、銀行側からみれば契約違反で”詐欺”であると認識されても仕方ありません。訴えられる可能性も捨て切れません。
例外として、家族が代理で通帳を使用して入出金することが問題となることは少ないのですが、

「口座名義人の了承があり、家族への委託が問題とならないのなら、同じく口座名義人がOKを出せば、第三者(他人)が通帳を代理で使っても同じことじゃないか?」

という疑問があがります。
しかし、相手がヤミ金業者であった場合は、渡した通帳がどのように扱われるのか想像が付きますよね?誰が考えたって良いことに使われるわけありませんし、社会的問題に発展する可能性も少なくありませんし、銀行としても犯罪に使われたとあってはイメージダウンは免れませんし、絶対に阻止したいでしょう。

ヤミ金業者へ銀行口座の通帳を手渡すことは『犯罪による収益の移転防止に関する法律違反』です。
ヤミ金業者から見返りを提示されても、絶対に自分名義の口座を手渡してはいけません。

誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル 0120-566-276
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。